キタサンブラック 有馬記念有終の美!サブちゃん「まつり」熱唱!

12月24日中山競馬場第11レース第62回有馬記念は、武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラック(牡5歳)が勝利し、引退レースを有終の美で飾った。JRAのファン投票1位選出馬の期待に応えたのはもちろん、史上最多タイとなるJRA・GI7勝目。そして、あのテイエムオペラオーを上回る獲得賞金史上1位という大記録も達成した。
鞍上の武豊騎手は1990年のオグリキャップ、2006年のディープインパクトに続いて、有馬記念を最後に引退する馬を勝利に導いた。最高のスタートを切って先行。終始キタサンブラックのペースで最後の直線でスパート。他の馬を寄せ付けることのない見事な勝利で競走馬としての引退に自ら花を添えた。
キタサンブラックは皆さんご存知の通り、北島三郎さんがオーナーの馬。これだけの名馬に出会うことは、さすがに芸能人という特権を使っても難しいでしょう。約束どおりの「まつり」の熱唱が中山競馬場に高らかに響いていました。

 勝ったキタサンブラックは、父ブラックタイド、母シュガーハート、母の父サクラバクシンオーという血統。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産馬で、馬主は(有)大野商事。通算成績は20戦12勝(うちGI7勝、GII3勝)。有馬記念は清水久詞調教師が初勝利、武豊騎手は90年オグリキャップ、06年ディープインパクトに続いて3勝目。http://www.imacsindonesia.com/