テレビドラマ「コウノドリ」第5話をDVDで見て

テレビドラマ「コウノドリ」第5話をDVDで見ました。
中学生の妊娠出産という、なかなかに衝撃的な内容のストーリーでした。中学校や高校での教育の一環として、このドラマを見せたらいい勉強になるんじゃないかなと感じました。いかにもヤンキー風の派手な生徒ならまだ分かりますが、一見おとなしそうでしっかりあいさつもできるごく普通の女子中学生だったのが、本当にありそうな話に思えて少し怖かったです。中学生役の女優さんの迫真の演技がすばらしく、将来が楽しみな役者さんですね。
また、鴻鳥先生の過去の生い立ちが少しずつ明らかになり、思い出した記憶を頼りに乳児院を訪ねるシーンは涙が止まりませんでした。加賀美先生という素敵なお母さん的存在の人にたくさんの愛情を注いでもらったから、今の鴻鳥先生があるんですね。親になる覚悟のない中学生相手にもっと声を荒げるのかと想像していましたが、鴻鳥先生はどこまでも穏やかで、でも大人としてしっかり諭す姿にとても胸打たれました。アイフル 店舗